半年で辞めた新人看護師の事例集|辞める辞めないの境界線は?

辞めた新人看護師たち
新人看護師の皆さんこんにちは。
「看護師を辞めたい・・」

でも、辞めるとかなりのデメリットがあります。
・資格取得が無駄になる
・仕事がなくなる
・将来が不安定になる

どうしたら楽になれるのか?
読んで、楽になる方法がわかっていただけると幸いです。

半年で看護師を辞めた新人の事例

まず、新人看護師たちの生の声をお聞きください。

「看護師」をとったら何も残らない
名前:U.Aさん(21歳)
配属先:整形外科病棟

職場の上司とうまくいかず精神的に参ってしまって、看護師を辞めました。
あと半年ぐらいは頑張れたかもしれません。でも、定年までの数十年間を考えると、続けている自分がどうしても想像できなかった。

辞めると更に地獄でした。
周りとの関係が変わってしまったからです。
とくにきつかったのが、看護師仲間の反応でした。それまで頻繁にあったラインがプッツリ途絶え、年数回ある同期会の誘いもなくなりました。
1番仲良しだった子のインスタに同期会の楽しそうな写真が上がってるのを見たときは、「ああ、もう看護師じゃないんだ」と妙に自覚させられた気がしました。

あと、両親との関係も微妙に変わりました。とくに母親は看護師を辞めたことを今でも納得していません。未だに親戚には、辞めた事実を隠しています。いつも自慢していただけに、「娘がフリーターになりました。」なんて、言えないですよね。迷惑かけたなって思います。

収入が半分以下になった
名前:T.Rさん(23歳)
配属先:救命救急

配属先が救急でした。
軽い研修が終わると、あとは実践ベースの職場でした。2時間ごとのバイタルと体位交換。冷静さを装って、こなすのが精一杯でした。「わたしが小さな異変を1つでも逃せば、患者さんを命の危険にさらすかもしれない。」と思うと、どうしようもない緊張と不安に、飲み込まれそうになります。日勤、夜勤と交互に入るうちに、リズムが崩れて眠れなくなりました。その上、頭痛や腹痛、吐き気にも襲われるようになり、患者さんの前に立つのがやっとでした。

「救急で1年頑張れば、どこでも通じる看護師になれる。」
「新人はわたしだけじゃない、みんなも頑張ってる。」
何度も言い聞かせて頑張ったけど、その気持ちまでも使い切ってしまい、最後は逃げるように看護師を辞めました。

辞めると一瞬だけ、ウソみたいに楽になりました。でも、そのあとすぐに過酷な現実が待っていました。
手取り30万あった収入は半減。正社員からパートに。時給900円のスーパーで1日中、飲料水の品出しや棚卸をしています。2L×6本ケースをただ右から左に運ぶだけ。命とか、人とか気にしなくていいので、その点は楽かもしれません。でも、どんなに腰が痛くても、頭がフラフラになるまで動いても、フルに入って手取りは13万。愕然としました。

この先、自分がどうなるのか?いつまで働けるのか?保障もない。わかっているのは、収入が半分以下になったってことだけです。

看護師だったころは、「家を買おう。」とか、「○○歳で結婚しよう。」とか、「子供は何人ぐらい。」とか。5年、10年後のことを当然のように思い描いていました。
でも、今は、今のことで精一杯です。

仕事がない
名前:S.Yさん(22歳)
配属先:呼吸器科

呼吸器科に配属されてすぐ、業務量の多さに戸惑いました。
解剖整理と呼吸整理は頭に入っていて当然で、胸腔ドレーン、抜去の介助は必須です。手技や注意点のリストがギッシリあって、頭にたたきこまされました。座学を終えたら先輩の補佐。それが終わったら実践です。

ところが、新人の中でわたしだけ後れていました。何度覚え直しても、何度復習しても、実践でもたつき手技を身に付けるどころか失敗だらけで・・。その上、周りのスピードに追い付けず、同期からは見放され、先輩たちにも呆れられてしまって・・。どうしようもなくボロボロと泣くわたしに、友人が「もう辞めてもいいんじゃない?」って言ったんです。もしかしたら、誰かにそう言ってもらえるのを待っていたのかもしれません。それまで張り詰めていた緊張の糸がプツンと切れ、そのまま看護師を辞めました。

けど、辞めてからが大変でした。
とにかく仕事が見つからない。
秘書検、簿記、PCの資格、英検の資格を何一つ持たない元看護師なんて、欲しがる会社はありません。実際、事務や営業系は大卒の一般女子で埋まっていました。看護師の資格なんて、役に立つどころかむしろ邪魔でした。
「なんで看護師辞めたのか?」
聞かれるだけ聞かれて落とされました。結局、配送センターの仕分けか、工場の組み立て作業か、ホテルの清掃スタッフのアルバイトしか選択肢がなかった。

確かに、看護師はきつい仕事かもしれません。でも、辞めたら楽になるわけじゃない。仕事が無ければお金もない。周りには軽蔑されるし、親にも愛想をつかされる。
看護師を辞めるのと引き換えに、失うものが大きすぎました。辞めた先輩たちが、生活レベルを維持するためにキャバクラを選ぶ意味がようやくわかった気がします。

退職で悩む新人の事例

夜勤のプレッシャーが辛い
名前:Y.Kさん(22歳)
配属先:混合病棟

3カ月たったころから、夜勤に入るようになりました。
最初の数回はリーダーNsと一緒でしたが、「人手が足りないから。」と言われ、一人で任されるようになりました。

その頃から不眠に悩むようになりました。
家に帰っても、なかなか緊張がとれません。リラックスするためにお風呂に入ったり、ベッドに入って寝ようとしても、やり残しを思い出して「あっ!」ってなると、ずっと気になって仕方がありません。夜勤の度に、不安と緊張で寝付けず、「もしかしたら、もしかしたら」を引きずってしまいます。

半年経っても変わりません。
最近は、眠剤を飲んで眠るようにしています。(効き過ぎないように半分カットして・・)同期に一人強迫神経症で辞めた子がいて、症状がほとんど同じなので不安です。

医療ミスが怖い
名前:M.Sさん(23歳)
配属先:急性期病棟

独り立ちをし始めた6月に比べれば、インシデントの数も減り、正直ホッとしていました。
ところが、夜勤明けに配薬ミスを犯してしまいました。
急いで患者さんに説明すると、「だから新人は嫌なんだよ!」と怒鳴られ、そのミスで患者さんの命を奪っていたと思うと怖くて震えが止まりませんでした。師長に報告すると、「この時期にそんなミス!向いてないのよ。」と言われ、ただ謝ることしかできない自分が、本当に情けなかった。

病棟では3回6Rが義務付けられている反面、スピード重視の風潮もありました。実際、先輩Nsは毎回やってたら終わらないからと、省略していました。私が3回6Rでもたついていると、急かされることもあります。

正直、納得いかない部分はありますが、ミスをしたのは事実です。
それからは、能力の低さをカバーするために人一倍確認をするようになりました。「違ったかも?」「確認し忘れたかも?」って思い始めると、何度も何度も、確認しないと気が済みません。「そんなのいいから早くして!」と言われても、またミスをするんじゃないかと思うと、確認せずにはいられません。

プリセプターのパワハラが辛い
名前:S.Aさん(22歳)
配属先:ICU

入職して3カ月間、プリセプターとうまくいっていません。
初めての業務でも、「は?バカなの?」から始まります。言われるたびに酷い耳鳴りがするようになりました。

聞くべきことでも、怖くて聞けません。聞けば、「向いてないんじゃないの?」「もう、辞めちゃえば。」としか返ってこなくて・・。悪いとは思いながらも、他の先輩の手が空いたすきにコッソリ確認しています。その分対応が遅れので、再びプリに「遅い!」と言われて終わりです。

多分、本当にわたしはバカなんだと思います。向いていないのかもしれません。かといって看護師まで辞めたら、これまでの時間が無駄になると思うと、なかなか辞められずにいます。
学生時代の4年間、苦しかったけど乗り越えたなとか。あれだけ辛い実習もなんとかやれたし、寝ずにレポートを書いて乗り越えてきたじゃんて。

今、看護師の資格を捨てたら、それこそバカしか残らない。「頑張ればまた乗り越えられるかもしれない。」毎日そう思いながら、辛い気持ちをだましだまし続けています。でも、これ以上頑張れなくなったらどうしよう・・と不安です。

とにかく仕事が遅い!看護師として致命傷かも・・
名前:O.Tさん(21歳)
配属先:急性期病棟

4月から急性期の病棟勤務が始まり、3カ月が過ぎました。
決して要領は良い方じゃないけど、ここまでとは思っていませんでした。

いまだに業務の流れについていけてません。カルテ読み、理解、指示内容の実施、結果の記入、すべてが皆より遅いんです。一つなら何とかなっても、同時に沢山のことが起きるとすぐパニックになります。頭の中がフリーズして、何をすればいいのかまともに判断ができなくなってしまって・・。疾患や検査、治療の知識も不足しているので、どう観察すればいいのかもわからない。処置見学させていただいても、看護過程の流れすらつかめず、何一つまともにやれる仕事がありません。

先日、主治医からの連絡に、焦って新人のわたしが答えてしまいました。本当はリーダーに確認すべきなのに、そんな基本的なこともすっ飛ばしてしまう自分が怖くてたまりません。

3カ月もすると、「できる新人」と「できない新人」がはっきりしてくる時期です。同時に、「わからない」と言いづらくなる時期でもあります。これ以上周りへの負担を考えると、辞めるべきかもしれません。

でも、親に迷惑をかけると思うと、辞められずにいます。看護師になるために、かなり無理して学費を出してれたので。苦労をかけてしまった分、ただ辛いだけでは辞められません。「親をがっかりさせたくない。」その気持ちだけでとどまっています。

先輩から深刻ないじめに遭っている
名前:H.Kさん(22歳)
配属先:急性期病棟

入職直後からいじめに遭っています。
先輩たちの横に行くと「触らないで。」と言われ、挨拶してもスルーされます。休憩室にいると「あなただけ劣っている」「技術が低い」「ニヤついた顔がイラつく」とみんなの前で言われます。
「わたしさえ我慢すればいい。」そう思っていました。

でも、患者さんに対する態度だけは、黙っていられませんでした。オムツ交換をする患者さんに向かって「うーん臭い!臭いよ!」と言ったり。動きの遅い患者さんには「もっとしっかりしな!」と叩いたりします。
新人の身分で、口出しすべきではないと思います。でも、度を超えていると思い、師長に相談しました。翌日、先輩看護師に「チクっただろ!あんたのせいで怒られたじゃん。」と怒鳴られた後、「あいつ、すぐチクるよ。」と職場中に広められました。

正直、理不尽です。でも、ここで辞めたら何も残りません。母はわたしが看護師なのを誇りに思ってくれています。
患者さんの中には、わたしに診てもらいたい、「いつもありがとう。」って感謝して下さる方もいます。
友人は、「激務なのに凄いね。」っていつも褒めてくれます。
人から感謝されたり、誰かのために役に立つことが、やりがいだったりします。

仕事から帰ると部屋の電気をつけるのも忘れて、何時間も茫然とすることが増えました。昔はあんなにメイクに凝ってたのに、髪がぼさぼさでも、化粧を落とさなくても、気にならなくなりました。夜は寝付けず、仕事中は眠気や頭痛、吐き気との闘いです。
見かねた友人が、わたしを心療内科に連れて行ってくれました。
”うつ病”でした。
もう、辞めるべきなのかもしれません。でも、自分の存在価値がなくなると思うと怖くてたまりません。

異動した新人の事例

異動が叶うとは限らない
名前:T.Yさん(22歳)
配属先:急性期病棟

大学病院の急性期病棟に配属されました。
初日から残業は当たり前だし、プリはいつも忙しいそうで聞きづらい状況です。

膨大な量の疾患と機械の学習も思うように進んでいません。一日中新しい業務をこなして帰ったころにはクタクタです。復習で朝を迎える日々を繰り返しています。それでも、できないことの方が多すぎて、わからないことがある度に凹みます。

「このまま辞めようか。」と何度も思いましたが、辞める勇気もありません。結局、上司に異動を希望して半年経ちますが、異動できずにいます。直接「いらない」と言われた訳ではありません。でも、配属先でギブアップするような新人なんて、どの部署からも必要とされない・・と感じています。

異動先では人一倍努力しないと認めてもらえない
名前:K.Jさん(21歳)
配属先:産婦人科病棟

担当のプリが指導しない代わりに「見て覚えて!」という人でした。

搬送時は、「走ってエレベータまで行け!」とか、休憩時は「お茶出ししろ!」とか。常に空気を読んで先回りしろと言われていました。他の新人は違うプリにきちんと教えてもらっているのを見ると、「どうして私だけ・・」と思うようになりました。意を決して、「他の新人と同じプリセプターにしていただけないか?」と、上司に相談しました。「ムリだ!」と言われた挙句、部署異動を勧めてきたので、そのまま異動しました。

異動後は更に辛い状況に・・。
皆から敬遠されているのは明らかでした。「前の部署でプリと揉めた新人だ!」と既にうわさが伝わっていました。「なんかやらかしそう・・。」「何か欠点がある・・。」と思われたみたいです。
辛かったけど、現実を受け入れなければ進めないと思い、とにかく1年間、必死に頑張って働きました。やっと今、カンファの相談に入れてもらったり、シフトの希望を聞いてもらえるようになりました。それでもまだ、周りとの距離を感じています。

異動は最終手段!するなら0からやり直す覚悟で!
名前:H.Mさん(23歳)
配属先:消化器外科

人間関係のトラブルがあり、異動願いを出していました。3か月後、やっと異動がおりました。

再び新人に逆戻りです。
前の科でようやく動けるようになったと思っていたけど、ここでは1から始まります。そのうえ、前の科でやらせてもらっていた業務も、ここでは先輩の許可がないと一人でさせてもらえません。プライドがどうこうなんて言ってられません。

異動はよっぽどのときの最終手段です。少なくとも、前の科の経験をすべてリセットする覚悟をもって異動すべきだと思います。

転職した新人の事例

人間関係のトラブルで転職
名前:U.Kさん(22歳)
配属先:急性期病棟

入職してから半年以上、職場の人間関係に悩んでいました。一人の先輩に完全に嫌われてしまって・・。

わたしがミスするとその場で叱らずに、必ずステーションに連れていかれ、大勢スタッフがいる目前で厳しく怒ります。何人かで雑談しているときにわたしが来ると、その先輩だけ一気に無表情になり、話を止めます。正直、居場所がありませんでした。

かといって、看護師を辞めるのは嫌でした。学費だけで数百万、ドブに捨てることになりますからね。うちは片親だったので、母親が朝晩パートを掛け持ちしながら必死に学校に行かせてくれたんです。
親の苦労や時間を思うと、辞めるなんてありえなかったです。

悩んだ結果、転職しました。待遇や条件面は前の方が良かったかもしれません。でも、先輩から完全に離れられただけで十分でした。むしろ、新たな場所で、もう1度やり直すチャンスをもらったと思っています。
入った瞬間に「合いそうだ」と感じました。実際、皆さんが優しく接してくれたこともあり、すぐに馴染めました。辞めずに踏みとどまって良かったなと思います。

人手不足に悩み転職
名前:G.Mさん(23歳)
配属先:オペ室

手術室に配属した直後から、人手不足に悩まされました。

7:1をとるために、毎日手術室から4人も病棟へリリーフを出しています。
2年目の先輩は、手術室勤務のはずなのに、病棟研修を口実に1カ月以上も病棟の患者さんを受け持っています。おかげで手術室は手一杯。

新人のわたしは、オンコールもまともにできません。ただでさえ緊迫することが多いのに、更に手術室の雰囲気をピリピリさせてしまっています。このままでは、独り立ちもできずに、足手まといになってしまう・・。半年頑張ったけど、プリは不在だし、指導もない。手術室全体が、病棟の人手不足に振り回されっぱなしでした。

「このままでは一人前の看護師にもなれない・・。」
思い切って、転職しました。新人の身分での転職は、かなり難しいと覚悟していました。

けど、思っていたほどじゃなかった。条件を絞りさえすれば、意外と働ける場所はありました。とにかく看護師の数が足りている病院がいい。それだけは譲れなかったので、しっかり調べました。ハロワ以外にも、転職サイトの担当者にも相談しました。
・看護師の配置数
夜勤の平均回数
・休日の取得状況
・有給取得率
・サービス残業のありなし
・シフトの作り方

あらゆる情報を集めた結果、聞いていた通りに働けています。転職するなら、それなりにしっかり調べておくべきだと思います。じゃないと、絶対後悔します。

勢いで転職したら失敗した 
名前:N.Aさん(22歳)
配属先:脳神経外科

入職してからずっと人間関係に悩んでいた。ここを離れれば今より悪くなることはないだろうと、転職を決めました。

でも、失敗でした。
求人票の内容と実態が、かなりかけ離れていましたからね。給料20万以上支給と書いてあったのが、実際は15万以下でした。しかも、残業代の一部が含まれており、あとはサービス残業扱いです。求人票には残業なしだったのが、実際は月30時間以上が当たり前でした。元々、人の入れ替わりが激しく、万年人手不足の病院だったこともわかりました。そのせいか、休みの日も出勤を強いられます。

看護部長に相談すると、「嫌ならやめてくれ。」の一言だけでした。来たばかりで辞めづらいだろうと、足元を見られた感じです。あとで同僚に聞いたら、院長の横柄さがうわさになっている病院でした。

転職は当たりはずれが必ずあります。急いで転職したい気持ちはわかりますが、慌てずじっくり見極めることも大切です。

看護師を辞める基準は?

「看護師を辞めたい!」
「でも、辞めていいのかな・・。」
苦労して取った資格ですから、それを捨てるタイミングを見極めるのは難しいものです。

体験談をまとめると、看護師を「辞める・辞めない」の境目は、「資格を捨てるデメリット」にあるようです。
・デメリットを許容できるなら辞めてみる
・デメリットを後悔するならもう少し頑張ってみる

では、資格を捨てるデメリットとは何でしょうか?

話をまとめると以下の3つに集約されます。
・資格取得の苦労が無駄になる
・仕事が見つからない
・将来が不安定になる

看護師を辞めると看護学校の学費数百万が無駄になりますし、若い貴重な4年間も無駄になります。辛い徹夜のレポートや地獄の実習もすべて無駄になります。
また、仕事探しにも困ります。看護以外だと正社員の道は厳しく、多くの方がアルバイトやパートで生計を立てていくことになります。

将来の見通しも立たなくなるため、仕事を安定させるのは難しく、経済的にも厳しくなります。ましてや、やりがいのある仕事も見つけにくく、結婚や出産、育児、子供の進学、離婚、マイホーム購入など人生の選択肢も全てが不利になります。

これらのデメリットを受け入れられるのであれば、看護師を辞めるのもいいでしょう。
ですが、実際には多くの方が後悔しています。

続けるしかないけど辛い・・どうしたら?

選択肢は3つあります。
順番に見ていきましょう。

今の職場で頑張る
辛くても今の職場で頑張るのも1つの手です。
環境の変化も少ないためこれを選ぶ人は多いようです。

しかし、変化が少ないがゆえに、楽になる可能性は低いです。
辛い原因は、人間関係や病院の風土による要因が大きく、これを変えるのは難しいからです。
今のまま辛い現状が続き、受け身のまま成長ができずに、体や心を壊して、いずれ辞めるケースが多くありました。
今の職場で頑張り続けても、辛さを取り除ける確率は低いでしょう。

異動する
職場を変えず、別の部署で頑張る人も一定数います。
職場そのものを変えずに済むため、環境の変化を最小限に抑えられます。
また、経歴に傷はつかないし、退職の煩わしい手続きもせずに済みます。

しかし、異動にはリスクが伴うため、その分辛くなる可能性は高いです。
具体的には、待たされるリスクと、異動後のリスクです。
異動までの時間、今の部署でひたすら我慢しなければならず、異動後は、前部署からのうわさが蔓延していることが多く、風当たりが強くなりがちです。
そのため、マイナスからのスタートとなり、受け入れてもらうためには、これまで以上に頑張らなければならず、その分辛いと感じる確率が高くなるでしょう。

別の病院に転職する
これを選んでいる人は多いです。
ただ、転職先によっては当たりハズレがあるため、また辛い思いをするかもしれません。その他、給料や福利厚生が悪くなることもあります。

しかし、辛い現状から完全に離れられるため、人間関係を綺麗にリセットできます。
また、看護師の転職は売り手市場なので、楽に働ける自分に合った病院を探しやすいです。
さらに、異動のように待たされることがないため、自分のタイミングで環境を変えられます。
よって、楽になる確率はこの3つの選択肢の中で、1番高いと言えるでしょう。

でも転職は怖い・・

オススメするのは転職です。
でも、いきなり転職はハードルが高いですよね。
軽く求人を探すなら、働きながらでもできるので、リスクはありません。
探して良さそうなものがあれば、そのときに転職するかしないかを考えればいいのではないでしょうか。

まとめ

看護師を辞めたい・・。
でも、辞めるとかなりのデメリットがあります。

具体的には3つ。
・資格取得が無駄になる。
・仕事が見つからない。
・将来不安定になる。

これらのデメリットを許容できるなら、辞めてもいいかもしれません。
でも、後悔しそうだと思うなら、もう少し頑張ってみるのもいいでしょう。
では、どうしたら楽になれるのでしょうか?

方法は3つありました。
・そのまま続ける:改善する見込みが少ない。
・異動する:マイナスからのスタートが辛い。
・転職する:楽になる確率が1番高い。

一番楽になる確率が高いのは転職です。
ただし、成功もあれば失敗もある。その差は情報量の違いです。
事実、転職先の情報を丁寧に集めなかった看護師は、「こんなはずじゃなかった。」と転職後に後悔しています。
逆に、しっかり情報収集した看護師は、思い描いた通りの新しい職場で働いています。

とにかく沢山情報を集めてみる。
そのためには求人を沢山見る。

でも、いきなり転職活動は荷が重い。
まず、見るだけでいい。
見て良さそうな求人があれば、そこで転職するかしないかを考えればいい。

それじゃ!ぺこり

半年未満で辞めた新人看護師の事例

ここからは「半年で辞めた新人看護師」の事例を見ていきましょう。
本人目線ではなく「先輩からの目線」でインタビューしてきました!

新人が半年以内に辞めた事例No1
愛知県の回復期リハ病棟
23歳・林さんへのインタビュー

■あなたが見た新人はどんな人?
私の初めての後輩です。
年齢も近いので、仲良くしていました。
勉強熱心な子でした。

■なぜ辞めていったの?(退職理由)
急性期で医療技術を学びたいことが一番の理由だと思います。
回復リハ病棟の医療行為の少ないことに、やりがいを感じることができないと悩んでいました。
急性期病棟に配属された同期との差に焦りを感じていたようです。
急性期で働ける病院に転職するといって5か月で退職してしまいました。

■あなたや周りの反応、対応は?
師長は彼女に、「あなたは患者さんと丁寧に向き合えるし、リハ病棟に一番向いているんだよ」と説得していました。
私も彼女は急性期より回復期リハ病棟が向いていると感じていましたし、何度も話をしました。

■退職した新人のその後
名古屋でも有名な、急性期の病院へ転職しました。
彼女が転職しても、連絡は取り続けていました。
今度は、急性期は忙しすぎて患者さんと関わる時間が少ないことに悩んでいました。

■どうしたらよかったのか?
自分がどんな看護師になりたいか、よく考えるべきです。
彼女は、それがわからないまま転職して、後悔することに…
自分がどんな看護師になりたいか?を知るためにも、もっと友達や先輩に相談したり、
転職エージェントのカウンセリングを受けるなど、自己分析すると良かったです。

新人が半年以内に辞めた事例No2
石川県の外科病棟
29歳・成田さんへのインタビュー

■あなたが見た新人はどんな人?
明るくて素直で、やる気のある子でした。
彼女のプリセプターをしていました。

■なぜ辞めていったの?(退職理由)
いじめが原因で、6か月ほどで辞めていきました。
この病院は、院長から執拗に宗教へ勧誘を受けます。
この勧誘を断った看護師は、ひどい扱いをされるのです。
彼女も断ったので、いじめが始まりました。
結果、彼女は精神的に参ってしまい、退職時にはうつ病になってしまいました。

■あなたや周りの反応、対応は?
私は彼女に「宗教に入るっていっても、壺を売りつけるとかないし、行事への参加の強制もないし、私も入っているけど、名前だけだよ。」と伝えましたが、何を言っても無駄でした。
この病院のほとんどの職員は、宗教に入っています。
私もそうですが、とりあえず会員になっているだけなんです。
断ると、彼女のようにいじめを受けて辞めていきます。
宗教のことを除けば、待遇も良く働きやすい、いい病院なんだけど。

■退職した新人のその後
うつ病の治療のため、実家に帰ったそうです。

■どうしたらよかったのか?
入職する前に、病院のことをもっと調べておくべきです。
もともと、この病院は宗教団体が経営している病院です。
さすがに患者さんへの勧誘はないけど、職員への勧誘があることは、私はわかっていて入職しました。
でも、彼女は病院の詳しい情報も調べずに、決めてしまったと言っていました。
やはり、就職する前に、看護学校の先生や先輩などの話を聞いたり、転職エージェントを使って調べるなど、しっかりと情報収集したほうが良いです。

新人が半年以内に辞めた事例No3
三重県の内科病棟
27歳・後藤さんへのインタビュー

■あなたが見た新人はどんな人?
ひと言でいえば要領の良い子
物覚えがよく、患者対応も問題なくできていた
甘え上手だから、先輩から好かれていたし、患者さんからもかわいがられていた
私も、後輩の中では一番かわいがっていた子でした。

■なぜ辞めていったの?(退職理由)
給料が安いからです。
彼女はいつも、もっと給料のいい病院へ転職したいと言っていました。
たしかにうちの病棟は、規模が大きい割に人間関係は良いのですが、給料が低いですから。
入職して半年くらいだったでしょうか。
転職サイトに登録して、今より給料の良い病院をいくつか紹介してもらっていると言っていました。
そのうちの、ひとつに採用が決まり、退職届を出していました。

■あなたや周りの反応、対応は?
師長はその病院はやめたほうがいいと反対していました。
何度も面談していたけど、結局転職しました。

■退職した新人のその後
彼女と同期の子に聞いたのですが、名古屋市にある中規模病院に転職したそうです。
でも、転職サイトから聞いていた待遇と実際は違ったようで、給料も下がったとか。

■どうしたらよかったのか?
転職サイトは、気を付けたほうがいいです。
確かに、転職サイトは便利の良いサービスです。
ただ、悪質なサイトが結構あって、そういったサイトにひっかかってしまうと、彼女のように騙されてしまうことがある。
転職サイトを利用するなら、信用できる転職サイトなのか、見極めることが大切です。

まとめ

最近では、転職サイトを利用して転職する人が増えています。
転職サイトは、無料だしサービスも充実しています。

新人転職する場合、ほぼ未経験ですから、未経験看護師を受け入れている病院を探すのは大変かもしれません。
しかし、転職サイトはたくさんの求人情報を持っていて、簡単に転職することができます
ただ、必ずしも、良い病院に転職にできるわけではないし、悪質な転職サイトも、多いようです。
事例→→→→転職サイトのブラックな実態

少しでも、悪質なサイトに騙される人が減りますように…。