看護師向け転職サイトのブラックな実態をレポートします!

転職サイトのブラックな実態
最近、転職サイトは人気がある。
とくに20代や30代の若いナースがよく利用するらしい。

わたしも利用したし、たしかに便利だった。

でも登録しちゃダメ!
絶対ダメ!

転職サイトに登録すると、高確率で騙されるから!
ブラックな人材斡旋業者がほとんど。

わたしは実際に7社を利用して、ハズレが4社。
ハズレが半分以上!

しかもハズレっていうレベルじゃなくって、ネットに書くのが怖いくらい悪質だった。

でもそんな業者は消えてほしいし、若い看護師が騙されてキャリアがボロボロになるのをこれ以上見たくないので、記事を書くことにした。

看護師向け転職サイトのブラックな実態↓

無理やり転職させられる

初めて利用した転職サイトは、新聞広告で見かけたのが始まり。
(ナース求〇ジョブ)
無理やり転職させられた転職サイト

ここは、今思い出してもイライラするくらい本当に最悪だった。

事務所は駅から遠いし、5階なのにエレベーターが無いし、タバコ臭いし、とにかくボロかった。
(社員数が6人(うるおぼえ)とか言っていた)

担当者は50歳くらいのオッサン。
転職サイトの担当者
よく喋り、笑顔が人懐っこく、人が良さそうなお父さんといった感じ。
お笑い番組「アメトーク」の話で盛り上がった。
面白かった。

それから転職についての真面目な話をして、求人をいろいろ見せてくれた。

正直どれも微妙だった。

でもオッサンが「これと、これはオススメできる!」と断言するので、2つの求人票を持ち帰って考えることにした。
家でじっくり考えるもやっぱり微妙で「やっぱないなー」「断ったらオッサン悲しむかなー」なんて思っていた。

次の日の夕方、オッサンから電話がかかってきた。
求人をどうするかの確認だろうな、
あんまり期待させちゃ悪いから断ろう、と思った。

でもオッサンの行動は、予想をはるかに超えていた。

オッサン「とりあえず面接の話、病院に通しておいたんで!」

私「いやいやいやいや!ちょっと待って!!!」

とにかく全力で断った。
それでもオッサンは「まーとりあえずだから。ね?」みたいな感じで粘りまくる。
私も全力で断り続け、30分くらいでようやくオッサンが折れてくれた。
このオッサン何考えているんだ?って思った。

その後も、かなり強引に面接させようとしたり、勝手に履歴書を病院に送られたりした。

中でも一番最悪なのが、私が昔働いていた病院に履歴書を送ろうとしていたこと。
(ありえないよね?)

もうこのオッサンダメだと思い「今後、電話しないで」と伝えて、オッサンとの関係は終わった。

初めての転職サイトだった。
でも「アメトーク」の話以外、本当に最悪だった。
言いたくないけど、オッサンの口臭も結構苦痛だったし。

嘘の条件で転職させられる

ナース雑誌の広告で見たのが始まり。
(キャ〇〇人材〇ンク)

ココも最悪だった。

登録するために電話したら男性が出た。
「いつ会えますか?」
「明日は会えませんか?」
「仕事帰りにでも会えませんか?」
とにかく会いたがる奴だった。

実際に会ってみると、ちびまる子ちゃんの永沢君にそっくりなオッサンだった。

この時点で若干帰りたかった。
場所も、事務所と言うより、普通のアパートの一室で怪しすぎた。

でも出してくる求人はどれも条件が良かった。

その中に希望にドンピシャでマッチする求人があった。
しかも「基本給32万+諸手当5万=月37万」で、通勤も20分くらい。

その日のうちに病院にアポを取ってくれ、面接と病院見学の日程が決まった。
37万ってすげー、
どんな生活ができるんだろうーって、
永沢君とガッチリ握手するくらい興奮した。

面接当日、永沢君が同行してくれた。
まず人の良さそうな人事部長さんに挨拶。
その後、病院見学をさせてくれた。
ますます働きたくなった。

それから面接。
面接官は、人事部長と、外見はマツコ・デラックス風のおもしろい師長の2人。
あと永沢君も同席した。
最初はなぜか「パズドラ」の話で盛り上がった。
面白かった。

その後、真面目な話になり「ぜひ来てほしい」と言ってもらえた。
舞い上がった。

でも最後に、すべてが狂った。
勤務条件を確認していたときのこと。

永沢君から聞いていた「給料額、シフト体制、夜勤回数、希望の診療科」が全て嘘だと分かった。

給料額は10万円以上低かったし、希望していた診療科も看護師が足りているから無理と。

聞いていた話とあまりにも違いすぎて、同席していた永沢君を思いっきり睨んだ。
その雰囲気を察して人事部長も「あれ・・?大丈夫ですか?」と。

永沢君「はいはい。大丈夫です!伝えていた条件が若干ズレてまして・・。」
永沢君「けど本人も、こちらで働く気がございますので!」

ここで私がプッチンしてしまい面接終了。
永沢君は私から罵声を浴びせられ、マツコ・デラックスにも怒られ泣きそうになっていた。

その後、病院の外で永沢君を問い詰めた。
「紹介できる求人が無かった」
「でもノルマがキツかった」
「うちは小さな会社だから無理言わないで」
「俺も本当はこんなことしたくなかった」
永沢君は、意味不明な言い訳をしていた。

もう連絡してこないでねって言って終了。

涙目の永沢君はちょっとかわいそうだったけど、マジで最悪だった。

都合のいい求人しか紹介されない

ネットで見つけて登録。
(看護〇ディカル〇ービス)

事務所は、キャバクラやホストクラブが立ち並ぶビルの一室。
担当者は、お笑い芸人ワッキーを二回りほど小さくした感じのギトギトしたオッサン。

過去の経験から、この時点で嫌な予感しかしなった。

しかしまたしても話が弾む。
ワッキーは見た目からは想像もできないが、元美容師らしくファッションに詳しかった。

しかも求人が多種多様で豊富!
条件もそこそこ!

ただ私が気に入った求人は「あー、それ師長経験者のみなんですよねー」「あー、それ募集終わってましたー」「あー、それ男性限定名なんですよねー」と、ことごとくボツにされた。

代わりに勧めてくるのが、某介護施設の求人。
ぜんぜん条件と違うから、断るんだけど、私が気に入った求人をボツにしては「あー、だったらこれが良いですよー」って、某介護施設の求人をねじ込んでくる。
途中で気が付いたんだけど、全部ベネッセ系の施設だった。

ワッキーは口臭もキツかったり、呼吸に合わせて鼻毛がピロピロなびいていたり、いろいろ耐えられなくなって、用事を思い出して帰宅。
次の日電話がかかってきたけど、ごめんなさいした。

でも、話はここで終わらない。
3か月ほどたったある日、居酒屋でナース仲間と飲んでいた時
隣のテーブルにいたのがワッキー。
酒の力もあってか、なぜかまた話が弾む。

ワッキーは失業中で、美容師として復職しようと頑張っている時期だった。
「大変だよねー」「頑張ってねー」「ワッキーなら良い美容室見つかるよー」と、心にもない言葉で励ました。

ワッキーは、終始ご機嫌で、調子にのって、いろいろ裏話をしてくれた。
「転職サイトと言っても、うちはただの下請けだったからベネッセばっかり紹介していた」
「その他は、古い求人ばっかりで紹介できなかった」
「うちみたいな弱小に登録するほうが悪い」
「こっちに都合の良い求人しか紹介しない」
「結局は人身売買」
「病院はお客様」
「看護師は商品」

ワッキーは毒を吐き続けた。

さすがにイライラした私達は「元転職エージェントのくせに失業とかwww」「美容の前に鼻毛なんとかしたら?www」「男性ホルモン受信中やってよ(本物ワッキーの代表芸)www」と、散々バカにしてたら、ワッキーは本気でヘコんで帰っていた。
やりすぎたかなって思ってみんなで反省したけど、家に帰って寝て起きたらどうでもよくなっていた。

悪質な転職サイトは滅びるべき!

本当に滅びてほしい。
消えてほしい。
切実に。

書いたらちょっとスッキリした。

みんな騙されるなよー!

※追記あり↓

追記1:いたたまれない気持ちに

転職サイトは危険!
どブラック!
ヤバい!
騙される!
登録しちゃダメ!

って色々書いたため、転職サイト全体がブラックな感じになってしまった。

でも中には良心的な転職サイトもあった。

(数はかなり少ないが・・)

私自身、お世話になったし、その時の担当者には色々と良くしてもらった。

チョット申し訳ない気持ちになってきたので、
良かった転職サイトの事例を紹介してみる↓

ごめんねー。

そもそも転職サイトって何よ?

転職サイトとは、プロの担当者が付いてくれる求人サイト。
プロの担当者は、転職エージェントとも呼ばれている。
お世話になったエージェントさん

担当者は、かなり心強かった
(まともな転職サイトの場合ね!)

医療業界に精通していて、個人じゃかなわないくらいの転職ノウハウとデータをもっていた。

それに、ヘタな病院を紹介してすぐ退職されるとかなりのペナルティがあるらしく、かなり真剣になってくれた。

つまり担当者は、孤独な転職活動において、数少ないパートナーであり、専門知識を持った相棒であり、運命共同体。

そんなプロの転職サポート内容とは?

サクッと語ります。

まずはスマホで登録


転職サイトはスマホで登録した。
名前、年齢、電話番号、希望の地域なんかをポチポチ入力した。
時間にして1分ほどだった。

電話がかかってくる

登録後、電話がかかってくる。
朝、出勤前に登録してその日の昼休み。
スマホに着信が残っていた。
留守電に「夕方かけ直します」と女性の声。

夕方。
予定通り、18時過ぎに電話がかかってきた。
留守電の女性。
軽く挨拶。

まずはサービス全体の簡単な説明をうけた。

次に転職理由や時期、希望条件なんかをサラサラっと聞かれた。

それから転職カウンセリングの話。
「対面カウンセリング」か「電話カウンセリング」を選べる。

対面カウンセリングは、転職サイトの事務所で行われる。
事務所が近ければ直接会えばいいし、遠かったり仕事が忙しければ電話でよい。

でも直接会ったほうが、こちらの条件をシッカリ伝えられるのでオススメ。
いろいろ濃い話も聞けるし。

「では〇〇日の18時にお待ちしております」

最初はこんな感じでやり取りが終わる。
時間にして20分くらいだった。

転職サイトの事務所に行く


転職サイトの事務所ってキレイなビルが多い。
スーツパンツでビシッと決めていくのが良いのかもしれない。

けどカウンセリングは個室。
担当者さんも「普段着でどうぞ」といってくれた。
だから私は、仕事帰りの服(ヨレヨレ)で行った。

担当者さんいわく、本当に普段着で良いらしい。

カウンセリングを受ける


事務所に行くと個室に通される。
そこで担当者さんと初対面。

「わざわざありがとうございます。担当させていただく〇〇です」

あ、電話の声の人だと思った。

「飲み物は何にされますか?」

私はいつも冷たいお茶を頼む。
転職サイトによっては担当者さんが自腹でお茶を買ってくれた時もあった(笑)

担当者さんは職業柄なのかアットホームな人が多い。
雑談も上手。
基本的に女性の転職者には、女性の担当者が付くようだ。
けっこう気楽。

カウンセリングは「今までの経験」と「これからの希望」を聞かれる。
あまり聞かれたくない転職理由は、空気を読んでくれ深く突っ込まれなかった。

こちらが一通り話した後、担当者から話がある。
・自分の転職市場での価値
・給料相場
・希望エリアの転職事情
・希望する条件の難易度
・希望の何が叶って、何が叶わないか
・転職のスケジュール感
・転職にオススメの時期

その後に質疑応答。
・どんな病院が人気なのか?
・どんな診療科が人気なのか?
・どんな看護師が人気なのか?
・どこのエリアが人気なのか?
・今実際にどんな求人があるか?
・良いなと思っていた病院の内情
・上手な退職方法
・今後どんなスキルを身に付ければ有利か
・看護師の今後
・医療業界の今後

かなり濃かった。
今まで聞いたことが無いような具体的で有益な話。

「この人プロなんだなー」って感じた。
(良い人は本当にいいからね)

プロってすげーってなる。
自分は看護のプロって言えるんだろうかって軽く凹むくらい。

素人1人での転職が無謀だってのもよく分かった。

今後の流れもかんたんに説明があった。
カウンセリング→求人紹介→病院の詳細データ提供→履歴書添削→面接対策→面接本番→内定

カウンセリングは1時間45分くらいだった。

次の日、メールで求人が届く


カウンセリングの次の日。
メールで求人票が届いていた。
求人は5件。
希望にマッチする求人が3件。
ちょっとズレるけど参考にと、超優良求人が2件。

希望にマッチする求人もなかなか良い。
けどそれ以上に超優良求人がすごかった。
月収37万円とか、42万円とか。
ただ引っ越しが必要な場所だった。
悩む。

担当者さんに電話した。
担当さん「悩んだときは焦らずにジックリいきましょう」

少し待つことにした。
毎週メールで求人を送ってもらうことになった。
新着かつ、条件の良さそうな求人に絞って。

病院の内情が聞ける


かなりドンピシャな求人が出てきた。

担当者さんは
気になる求人があったら教えてください。詳しい病院の情報をお伝えしますので
と言っていた。

でも正直、期待してなかった。
某ハローワークの職員は、求人票に書かれた以上のことをまったく知らなかったし、悪徳転職サイトのオッサン達もそうだったから。
「ネットで病院のホームページを見てください」とか適当。

たぶんまた同じだろうと。

でも担当者さんはプロだった。
教えてくれたのは、予想以上に濃い情報。
・入職したら、どんな仕事をするのか
・どんな医療機器や設備があるのか
・電子カルテなのか
・看護方針
・評価の基準
・最初の研修の有無
・あるとしたらどんな研修か
・プリセプターは付くのか
・委員会は強制か
・勉強会は強制か
・シフト体制
・2交代か3交代か
・残業はどのくらいか
・何時に帰れるのか
・朝は何時に出勤なのか
・夜勤回数
・夜勤の仕事内容
・夜勤は何人体制か
・仮眠はできるか
・車通勤OKか
・実際の手取り額
・直近のボーナス額
・夜勤手当はいくらか
・交通費や資格手当、その他各種手当額
・福利厚生
・有給は取れるか
・年末年始
・GWやお盆
・病院の経営状況
・新設される診療科の予定
・離職率
・辞める理由
・院長がどんな人か
・師長がどんな人か
・どんなスタッフがいるか
・看護師の年齢層
・ナースステーションの雰囲気
・事前に病院見学ができるか
・どんなポジションからスタートか

担当者さんは、何でそこまで知ってるのってくらい詳しく知っていた。

どうも過去に転職サポートした看護師からヒアリングしているらしい。
病院の人事に直接聞いてもくれた。

こんな感じで、病院の情報調査は、個人じゃ真似できないレベル。
けっこう衝撃的だった。

履歴書の添削、面接対策


条件の良い病院は、応募が殺到する。
看護師の資格が強いとはいっても、かんたんに落とされる。

だから履歴書の添削と、面接対策が重要になる。
履歴書に何を書けば受かるか
自分のアピールポイント
採用のポイント
面接では、誰が面接官なのか
何を聞かれるか
どう答えればいいか
どんな質問をしたらいいのか

担当者は、事細かに教えてくれた。
しかも的確なアドバイスばかり。
その病院で過去にどんな面接が行われていたか知っているらしい。
しかも病院の人事から、どんな人材が欲しいか直接聞いているようだった。

面接は「事前に答えを教えてもらったテスト」みたいな感覚。
かなり有利だと思った。

内定NG(不採用)

担当者経由で、採用の合否を聞く。
もし不採用でも「なぜダメだったのか?」を教えてもらえた。
これって一人でやっていたら聞けない話。
自分の欠点が分かるし、次に向けての対策ができた。

内定OK

合格して内定が出たら、その後も担当者がいろいろやってくれた。
入社日の調整だったり、退職手続きのアドバイスだったり、必要書類のサポートだったり。
難しいことは全部教えてもらえた。

転職サイトで転職した結果

大満足。

(中央の下が私)

それまでは、自分一人で何度も転職して、何度も失敗した。
今思えばバカだった。
プロに頼むと、こうも違うなんて思いもしなかった。

良い病院を見つけたいなら、転職サイトを使ったほうがいい。
運良く、自分に合った良心的な転職サイトを見つけられたら、かなり有利だから。
ただブラックな転職サイトにだけは要注意。

「良い転職サイトと悪い転職サイト」の格差はマジハンパない。

以上、転職サイトのレポート。

頑張って良い転職サイトを見つけて!

※追記あり↓

追記2:良心的な転職サイトを見つけるには?

後輩から「良心的な転職サイトの見つけ方を教えろ!」と言われたので書く。

まず前提として、転職を繰り返してわかったのは「転職サイトを使わないと圧倒的に不利」ってこと。
プロの担当者が付いてくれ、非公開の良い求人を見せてくれ、病院の内情を教えてくれ、激戦の人気求人から内定を取るための方法をレクチャーしてくれるから。
一人でコツコツ転職活動するのがバカらしくなる。

けど転職サイトはなにかと問題も多かった。
担当者の当たりハズレや、ブラックで有名な求人を紹介されたり、病院の情報を全く教えてもらえなかったり、っていうトラブルがよく起こった。

実際、転職サイトを7社利用して、4社もハズレだった。
良かったのが2社で、そこそこが1社。

でも「転職サイトの良い悪い」には、共通点があった。

良かった転職サイトは、2社とも「大手」。
悪かった転職サイトは、4社すべて名前も聞いたことが無かった「零細」。

アパート探しだと地元密着の良い不動産屋がたまにあるから、そんなノリで地元の小さな転職サイトを頼ってしまった。
それが大間違い。

零細は社長のコネで病院の求人を集めているらしく、求人がかなり偏っていたし、そもそも数が少なかったし、条件も悪かった。
求人も無いし、情報も持ってないし、担当者も最悪(オッサン率100%、息臭い率75%)

逆に大手には、求人が集まる。
求人が集まれば、看護師も集まる。
看護師が集まれば、情報が集まる。
これがループして、求人も病院情報も膨大な量になっていた。
しかも大手は、担当者の教育も熱心。
こうして大手は、求人、情報、担当者のすべてが巨大になる。

転職サイトは星の数ほどあるけど、
登録するなら「名前を知っている大手」を選ぶのが鉄則。
これ大事。

以上!

※追記あり↓

追記3:良心的な転職サイトってどこ?

後輩から「結局、良心的な転職サイトってどこなんだよ!」と言われたので書く(しろめ)

1位.看護roo


一番良かった。
実際にここで紹介された病院に転職した。
上で長々と書いた「良心的な転職サイトの事例」は看護rooを利用したときの。

看護rooは、年間20,000人の看護師が転職している超大手。
転職サイト以外にも、看護師向けのネット掲示板とか、WEBマガジン、医療用語辞典なんかも出してる。
スマホ用のアプリも有名。
シフト管理アプリの「ナスカレ」はお世話になっている人多いんじゃなかろうか。
学生だと試験の過去問アプリ「国試」も人気らしい。
まあいろいろやっている大手企業。

看護rooは求人、病院情報、担当者のスキル全てが高かった。
求人もいろいろ選べるて条件良いし、病院の内情もいろいろ教えてもらえるし、履歴書の添削や面接対策もしてもらえるし、内定が出てからお事務処理なんかもスムーズで◎。

残念なのは「関東、関西、東海」の求人しかない点。
だから誰にでもオススメできる訳じゃない。

でも「関東、関西、東海」の病院を探すなら、間違いなくオススメできる。
むやみやたらに全国展開せず、エリアを絞ることで、「求人と情報の質」を高めているらしいから。

「関東、関西、東海」で転職したいならまずは看護rooに登録して情報を集めてみたらいい。
看護rooの公式ページへ
(↑今見たら、利用者満足度が96%になってた。数年前まで80%程だったから、さらにレベルアップしてるみたい)

2位.マイナビ看護師


転職サービス大手のマイナビ。
一般向けの転職が有名だけど、看護師専門の転職サイトもある。

ここも良かった。
転職大手という感じで、安定したハイレベルなサービスが受けられた。
マイナビは全国展開しているから、誰にでもオススメできる。
マイナビ看護師の公式サイトへ

3位.医療ワーカー


あまり聞いたことない転職サイトだけど、そこそこだった。
そこそこなんだけど、看護rooやマイナビとは実力の差を感じた。
ただ悪質サイトではないので安心。
医療ワーカーの公式サイトへ

まとめ

・転職するなら、転職サイトを利用しないと圧倒的に不利
・利用しないのはバカ
・けど気を付けろ!
・悪徳転職サイトには登録するな
・高確率で酷い目にあう
・聞いたこともないような転職サイトは要注意
良心的な転職サイトは大手
・とくに看護rooマイナビなら安心。

まともな転職サイトの良い担当者は、一緒に悩んでくれ、一緒に考えてくれ、一緒に作戦を立ててくれ、一緒に喜んでくれ、一緒に泣いてもくれる。

孤独な戦いだったはずの転職活動。
誰かが一緒だと思えるだけで心強かった。

転職で悩んでいるなら、まずは誰かに頼るところから始めてみよう!

GOOD LUCK!