HOME > 看護師の復職レポート > 結婚で看護師を辞めた

結婚で看護師を辞めた

看護歴4年半の女性(33歳)

看護師を辞めたキッカケ

私が看護師を辞めたのは27歳のときでした。
結婚してからも仕事はしていたのですが、主人の仕事の関係で遠方に引っ越すことになり、それをきっかけに辞めました。

看護師として復職しなかったのか?

引越し先は私たちにとっては縁もゆかりもない土地でしたので、まずはその土地に慣れることから始まると思い、転職という形はとりませんでした。
結婚して一年が過ぎた頃だったので、そろそろ赤ちゃんがほしいなとも考えていました。
引っ越して、家の片付けも一段落した頃、仕事を探してみようかなと思っていた矢先、妊娠しました。
妊娠してからも働けますが、初めての妊娠で、どんな感じで妊婦生活を送ることになるか想像もつきませんでしたし、つわりがあったので、働くのはあきらめました。
赤ちゃんを授かったことが嬉しくて、看護師という仕事と少しのあいだ離れることになる未練は全くありませんでした。
また、資格を持っているので、また子育てが落ち着いてから働けるだろうという安心感もありました。

保健師に転職

私は看護師のほかに保健師の資格も持っているので、子どもがいたら、保健師のほうが規則正しく働けるかなとも考えていました。
それから専業主婦をしていますが、友達の看護師はみんな子育てしながら働いています。
友達の話を聞くと、正直うらやましく思ったり、私もまた働きたくなったりはします。
でも実際働かないのは、子どもにできるだけ負担はかけたくないという思いと、もっと働きたくなったときに働こう、それでも資格があるから大丈夫だろうという安心感からだろうと思います。

看護師求人

看護師の復職レポート

新人看護師が退職する現場をレポート

転職先特集

ナース報道室制作委員会

東京都
代表:山田甲信
ご連絡はFacebookまで

ページの上部へ